巨乳の子持ちと出会ったはなし。

子持ちの巨乳の主婦と出会った。主婦と言っても、もう夫とは離婚寸前だったので主婦とは呼べないかもしれない。

出会いは、mixiだった。明日、カラオケに行きませんかと掲示板にかかれていた所、メッセージを送信してみると即刻オッケーの返事が来た。互いの写真は交換は一応しておいたが、正直、相手の写真はあまりはっきりと分かるものでは無かったので期待はしないでいた。どうせハズレでもタダならまあいいかという感じでいた。

そして、翌日、会ってみると意外といいではないか。カラオケボックスに入って、何を歌うか選曲している相手の隣に密着するように座ってやった。全然警戒する様子もなく、むしろ寄りかかってきたので、これはもうイケるなと分かった。2,3曲歌い終えたところで、おもむろに胸を掴んでみると、普通に喜んでいる反応が返ってきた。結局、そういうことをしたくて来たんだなということが分かった。

その後は、もう少し先に進んだことをしてみた上で、場所をホテルへと移動した。ホテルではすぐに上着を脱がせ下着姿にさせた。とても収まり切らないほどのそのたわわな胸に驚かされた。Jカップと言っていた。スタイルは普通体型だったのに、そんなにも胸があるなんて良いセフレをゲットできた。

美人で明るく活発な先輩女性も恋愛には奥手で…

新入社員時代のことでした。1年先輩でのなかで美人で明るく活発な女性でした。でも、恋愛には奥手で男性のうわさはあまり聞いたことがありませんでした。仕事の業績は同期の中でもトップで、ある時営業に2人で行きました。

仕事の帰り道、飲食店で食事をしながら酒を飲みました。飲食店では個室で2人きりになり、お互いほろ酔い気分になると、突然女性の方から下ネタや過去の恋愛ネタの話を振ってきました。その後、ボディータッチも多くなってきました。飲食店を出て、駅に向かうと人身事故か何かで大行列になっていたので、近くのホテルで休憩を取ることになりました。先輩女性はラブホテルに向かいました。

ホテルの部屋に入ると、酔っていたせいもあってか、突然キスをしてきました。そういう事ならと思い、上着のシャツのボタンをはずし、ブラジャーをずらして、オッパイにしゃぶりつき、スカートの中に指を入れると、下着が濡れているのが分かりました。下着の中に指を入れ攻め立てると「うぅ~ん、あっ、あっ、気持ちいい、イクっ」と言い潮を吹きだしました。その後も、バックや騎乗位などを行いました。

先輩女性は余程気持ちよかったのか、男性に飢えていたのか、営業で2人きりになるたびに、仕事終わりにセフレの関係になりました。

思いがけず得られたセフレ

セフレと出会う機会と言えば、出会い系サイトが定番と言えるでしょう。この出会い系サイトで知り合うには、自ら積極的にセフレを求めて登録する等アクションを起こす事が当然必要です。しかし私の場合は、思いがけずセフレを確保できたと言う事例です。

セフレはどこで出会えるの?セフレ作り方|Love Life

田舎町に転勤となり、友人もなく、夕食の後は、行きつけの何軒かのスナックでカラオケを歌い、年増のママと話して時間をつぶす日々を送っていました。そんなある夜、行きつけのスナックの1軒で、その女性と知り合ったのです。

その夜、行きつけのスナックに少し遅く入店すると、カウンターに私より5歳程度年上と思われる女性が、相当酔った状態で、ママとグダグダと話していました。そんな様子を横目で見ながら、いつものように水割りを飲み、カラオケを歌いました。

一曲歌い終わった時、その女性が拍手しながらふらつく足で私の所に近づき、お兄さんデュエットしましょうと私にしなだれかかりました。しかたなく曲を入れましたが、女性は歌える状態ではなく、私にしなだれかかり、グダグダと歌ったり喋ったりと言う状態でした。

暫くして店を出る時、ママに悪いけど近くなので、女性をマンションの自宅まで送ってやってと、頼まれました。仕方なく肩を貸し、女性を送り届けた時、女性が無理やり部屋に引き込んだのです。

女性は泥酔気味で興味もなかったのですが、ベッドまで引きづり込まれ、事に至りました。その夜のセックスが、余りにも良くて、女性の肉体とテクニックに次第に虜となり、いつしかセフレの関係となりました。

その女性との関係は、私が再び転勤で、その田舎町を去るまで、2年半ほど続きました。まさに、偶然に得たセフレですが、忘れる事の出来ないセフレとなりました。

スカイプ系の掲示板で知り合った10歳以上年下の子

クリエイティブ系の仕事をしているもので、実際の作業に入ると自宅に缶詰め状態になり、まったく人と会わなくなります。その時に、仕事の合間になるとどうしても人と話したくなってしまい、スカイプ系の掲示板に行ってみました。

そこの掲示板は男も女も20歳前後という若い子が多くて、30代になった僕はちょっと場違いかな、と感じました。でも「年上のやさしい人、話しましょう」という書き込みを見つけて、連絡してみました。

話してみると、明るくて年上相手にも必要以上に構えない性格の子で、すぐに打ち解けました。自然とセックスの話にもなり、あう事になりました。そちら方面の経験は豊富で抵抗がないようで、最初に会って、すぐにホテルに行きました。彼女は付き合っている人がいるんだけれどセックスが合わない、本当はしたかった、といっていました。付き合っている人にはちょっと話しにくいようなプレイでも僕には言うことが出来るみたいで、彼女が望む縛りや羞恥プレイなどの少しアブノーマルなプレイもしました。

体の相性が良く、遅漏ぎみの僕も彼女とすると何回もいってしまいます。事情があってお互いに本気で付き合うことが出来ないのですが、今では立派なセックスフレンドです。

街の自治会で知り合った30代後半の人妻は感度良好だった

街の自治会で年に3回ほど川の清掃をしています。

現在のセフレとは、その自治会の会合で何回も会ううちに知り合いました。そして、清掃が終了した後の打ち上げで急接近し、現在のセフレ関係になりました。彼女は30代後半の人妻です。自治会の中では若い方ですから、とても人気があります。人気があったことで彼女は女としての自信を取り戻したような気もしています。美人ではありませんが清楚な感じがします。不倫をするタイプには見えないところが素敵なのです。

最初は美味しい鰻屋を知っているからドライブがてら食べにいかないかと誘いました。もちろん、彼女も食事だけで終わるとは思っていません。美味しい鰻を食べた後に、街道沿いのラブホテルに誘いましたがイエスでもノーでも無い返事だったので、強引にラブホに入りました。駐車してキスをすると、それを受け入れてくれたのでチェックインを済ませて部屋へ入りました。

最初こそ、照れたり抵抗してりしていましたが、前戯を始めると彼女は集会の時とは別人のようになりました。とても感じやすい体だったのです。首筋に舌をはわせるだけで体がピクリと反応します。乳首を愛撫すると体全体を左右に振って感じています。挿入直後にはヒエッ!という可愛い声を上げ、腰を上げのけぞりました。とにかく何かするたびに体が嫌らしく反応するのです。鳴き声も可愛いのです。フェラなどは上手ではありませんが、丁寧にやってくれます。それがけな気で最高なのです。

私は、この人妻を永遠に自分のセフレにしておきたい思っています。

ナンパで知り合った年上の彼女

神奈川に住んでいた頃に川崎駅でナンパした人妻の方とセフレになりました。

その方は自分より8上の28歳で、綺麗な顔立ちの人でした。声を掛けて最初は戸惑った様子でしたが、お茶をしたいだけだと言うとお茶くらいならいいと言ってくれて、喫茶店でお茶しました。そこで他愛ない会話をしつつその人の情報を得て、その日はメアドを聞いて帰りました。

それからちょくちょくメールをして今度はデートの約束までこぎつけました。その日も川崎駅で待ち合わせしてランチを一緒に食べながら楽しくお話をしていました。そのあとゆっくりしてから帰ろうかと思った時にその方からまだ帰りたくないと言われ、そのままラブホに向かいました。

ホテルに着いてすぐにお互いの唇を貪り合うように熱いキスをして、胸を揉みしだくと甘い吐息が漏れてきます。そのままタイトスカートの中に手を入れるとすでにパンツが湿っていました。パンツの脇から中にスルリと指を入れるとすでにヌルヌル状態でした。立ったままの状態で激しく指で愛撫すると勢いよく潮を吹きながら逝ってしまいました。

パンツだけを脱がしタイトスカートを捲り上げて、ベットに手をつかせて後ろから生で奥まで突っ込みました。激しくピストンするとまた逝ったらしく、中がウネウネと波打つ感覚があり、射精感が高まりました。どこに出して欲しいか聞くと飲ませて欲しいと言うので、ギリギリの所で抜きたっぷりと飲ませてあげました。

その日以降も週に一、二度会って楽しんでいます。

同僚とセフレになった話

会社の同僚とセフレになりました。出会いは会社のオフィスで、自分と彼女は隣合わせの部署でした。以前から気になっていた存在でしたが、会社での飲み会をきっかけに意気投合し、2人で定期的に呑む間柄になりました。ある日酔った勢いでキスしてしまい、そのまま近所のホテルに入った事が関係を持ったきっかけです。そのままずるずるとセフレのような関係になっています。

彼女への気持ちはセフレ以上では無いのですが、彼女はそういう訳でも無いようで、最近はどのようにこの都合の良い関係を続けていけるか悩んでいます。

そんな時、丁度残業で2人残る日がありました。みんな帰ってしまい、誰もいないオフィスで彼女が求めてきました。さすがにまずいと思いましたがあまりに積極的な彼女のアタックに根負けしてその場でしてしまいました。普段働いているオフィスでするのはとても気持ちが良く、自分も彼女あっと言う間に果ててしまいました。

しかしそれが運のツキでした。このオフィスでの行為を別の同僚に見られてしまっており、我々の関係が社内に知れ渡る事になりました。処分はされなかったですが、大きな仕事などからは外されるような冷遇を受け、出世街道からは外れてしまった形です。今思えばこれは彼女の罠だったのかもしれません。

おすすめ記事: 職場でセフレを作るコツと冒してはいけない5つのタブー

ズルズル長く続く関係

セフレとなっている人と出会ったのは、中学校です。中学生の時の同級生です。

中学校を卒業してから高校生の頃は、あまり会うこともありませんでした。しかし、高校を卒業したばかりの春休みの頃、彼からの連絡があり久しぶりに再会しました。

そこから徐々に、関係が深まり定着していきました。

どこか人のいる場所へ一緒に行くこともなく、会えばいつも二人きり。周りには相談できないし話せない、話したところで「やめときなよ」って言われるもんね…。意図的に?いや、心のどこかでちょっと泣いている秘密の関係。

周りにバレてしまったらきっと今のようには会えなくなってしまうだろうし、この関係を続けていくことは難しくなると思う…。でも、このまま続くのも良くないと心の中ではわかっています。会えなくなるのは嫌だけど長く続けたくもない、そんな矛盾を感じながらズルズルと関係が続いてしまっています。

会う連絡をくれるのは、いつも彼の方です。だいたい2週間に1度くらいかな…。私のささやかな抵抗として、こちらからは連絡をしないようにしています。でも、そんなところも彼にとっては都合が良いのかもしれません。だって、誰かといるときに突然着信があったりしたら困るもんね。でも、私の番号は登録されてないので、心配ないか…?

この先どうなっていくのか、まだわからない私たちの関係です。

非常に性欲が強烈に強いセフレ!

セフレは強烈に性欲が強く、私がまいっています。

セフレとの出会いは、高校時代の同窓会で久しぶりにあったクラスメートの女子です。
高校を卒業してからは遊ぶことは一回もなかったのですが、同窓会で意気投合し、時々飲むようになりました。お互いに彼氏彼女が居たのですが、お互いの相手の話も良くしました。

セフレは、彼氏との行為に満足できないことを何度も何度も繰り返して言ってきました。
私は、「じゃあ、俺としてみる?」と完全に冗談で言ったのですが、「しよう!」とすんなりOKされてしまいました。
そのまま、ホテルへ直行し、その後も時々会って飲んでは、ホテルへ行って行為をするセフレの関係になりました。

セフレは、私が出した後、直ぐにモノを咥え、絶対に離しません。男にとってこれは、かなりきつい状況なのです。
私が「もう本当に無理!頼むからやめて!」と言っても、「このまま、また大きくしてするからダメ!」と言ってやめないのです。

これが毎回必ずあるので、正直、もう気持ち良さを通り超して辛いなという状況です。
友人に、このエピソードを相談すると、ただ羨ましいと言うだけで、本当に困っているとは思ってもらえません。

しかし、セフレ関係はとても楽しいので我慢しかないです。

後腐れもない関係性

まだ20代前半の時、ちょうど特定の彼氏がいなかったので色んな異性と食事に行っていた。大学時代の先輩や知人の紹介、バイト仲間など。
フリーを一番謳歌していたといっても過言じゃない時代だった。

お酒が入ると自然と距離が近くなり、さらに奢ってもらうと見返りを求められる。もちろん受け付けない相手も中にはいたが、そういう相手との食事は1度限りなのでそれ以上になることはなかった。何度か食事に行き、そういう関係になれば私の方が冷めていく。
なぜなら本気になったら傷付くことを知っているから。

そういう関係の人たちの中で、好きになった人もいた。本気で好きになったからこそ、求められれば素直に応じ、気持ちを伝えることはしなかった。感情をぶつける事によって、その人との繋がりがなくなることが嫌で、距離を置かれるのが怖かった。だから割り切るようにした。

一夜限りではなく、好意もなく、ただ寂しい時にその時間を一緒に過ごしてくれるだけの相手がある意味心地よかった。それがバイト仲間の一人だった。

バイト終わりに二人でご飯に行き、そのまま彼の家に泊まる。朝起きて普通に帰り、「ありがとう」とか連絡は特にしない。
またバイトで会って、暇があったら飲みに行き、彼の家に行くというお決まりのパターン。

それを繰り返し、お互いに相手ができればその関係は終わった。
彼氏彼女の関係がない分、後腐れもなく話し合うこともない。それがセフレの存在意義。